ドコモの仕事

特別じゃないけどちょっといいこと。

日常をおトクにつなげるdポイント

誰にでも
オープンなdポイント。

ポイントのキャラクターだからポインコ。そんなダジャレから生まれたdポイントのキャラクター、黄色いインコの兄弟を見かけたことはありませんか?このポインコを日本全国に、できれば世界に羽ばたかせ、毎日、ちょっといいことをみなさまに届けたい。実はそんな思いが込められています。

ドコモの料金の支払いはもちろん、コンビニやファストフード店、百貨店やネットショッピングなど、さまざまなシーンでポイントを貯め、使うことができるdポイント。普通に生活するだけでいつのまにかポイントが貯まっていきます。しかも、ドコモを持っていなくても入会できる。毎日の生活の中で、ちょっとおトク、ちょっといいことが待っている。あたりまえに感じるかもしれませんが、そこにはちゃんとおサイフケータイのインフラを活用したポイント流通など、積み上げてきた経験が活かされています。

お客さまにいろんな場所で、
ちょっといいこと。

実店舗だけでなくネットショッピングでも利用できるdポイントですが、ドコモにはこの他にもdTVやdショッピングなど、ドコモのケータイを持っていなくても利用できるサービスがあり、dポイントはお買い物などで貯めたポイントを、dTVでの映画レンタルやdショッピングでの買い物、dゲームの支払いなどに使うこともできます。ポイントを利用できるお店もますます拡大中。

さらに、6,000万※を超える会員一人ひとりの興味や生活パターンにあわせて最適な提案を行うなど、生活をより良くしていくためにビッグデータを活用していくことも期待されています。もっと便利で豊かな暮らしへ、ドコモのやるべきことは生活全般に広がっています。

※2016年12月時点

いいこと、もっと、つなげる人びと。

金融ビジネス推進部/河下知博
スマートライフ推進部/梅田信也
パートナー推進室/岡本夏季

2015年12月にスタートしたばかりのdポイントですが、他の共通ポイントにもひけをとらない日本有数のポイント発行量。また会員数も6,000万と巨大です。ポイントを使える機会もこれからますます増えていきます。ひとりで見れば小さなおトクかもしれませんが、経済全体として見れば社会に与えるインパクトはかなり大きい。

オープンなポイントサービスであることを活かせば、これまでドコモが関わりを持つことができなかった人や企業とも接点を持ち、暮らし全般に深く関わっていくことができます。まだまだ始まったばかりのdポイントですが、そうやってさまざまなビジネスや経済全体の活性化に貢献していきたいです。