ドコモの人々

技術系

サービスイノベーション部

中村 一成

2015年入社
生命理工学部 出身

人生の転機に、いい出会いあり。

先端研究開発(サービス)

中村 一成

2015年入社

1日のスケジュール

ONのわたし

わたしの仕事

今手がけているのは、画像認識システムを活用した研究開発プロジェクト。小売店における商品陳列の把握や医療現場での診断など、さまざまな作業が人による目視で行われていますが、これらは時間と手間がかかる大変な作業です。そこで画像認識システムを利用すると、高精度かつ効率的に作業を行うことができます。自分が開発したシステムで、多くの人のサポートができたら・・・。そんな夢を見ながら研究開発を進めています。

ドコモを志望した理由

将来は大規模なデータを持つ会社でデータ解析をしたいと考えていたので、ドコモのような通信会社は志望業界の対象外でした。ところが研究室の友人が言った「ドコモが持つデータはおもしろい」の一言をきっかけに興味が湧きました。当時のドコモのイメージは“ケータイを売る会社”。しかし、説明会やインターンに参加していくうちに、革新的なサービスをつぎつぎと世の中に提供する“チャレンジングな企業”だと気づきました。ビッグデータの解析にも積極的で、自分の力を試せそうだと感じたんです。

仕事のしあわせ

出会いに恵まれています!就活中、熱心にサポートし続けてくださったドコモの先輩社員の方。入社後、やりがいのあるプロジェクトにお声がけくださった営業の方。そのほか旅行先で出会った人も含めて、私の転機には、必ずキーマンとなる方との出会いがあります。

職場の雰囲気

たとえるなら「理系の研究室」でしょうか。みんなデスクに向かって黙々と作業に没頭しています。しかし、チームのメンバーとの距離感は近く、相談があれば気軽にすぐディスカッションできるなど、研究には最高の環境です。

10年後のわたし

人との出会いが与えてくれたチャンスというバトン。それを今度はお客さまにつなぎたい。生活を便利にするサービスを、ひとつでも多くお届けしたいです。そのバトンがどこかで笑顔を生んでくれたら、ドコモの技術者として最高の喜びだと思いますね。

OFFのわたし

一人旅が好きで、大型連休には必ずと言っていいほど海外へ出かけています。行き先はミャンマー、ブルネイ、マレーシア、タイ、香港、マカオなど。一人旅の魅力はなんといっても自由!そして、現地の人や旅行者との出会いが多くて刺激的です。数年前ラオスに行った時は、路上で絵を描いて売っている人を見て「カッコいい!」と感動し、それ以来、旅の印象的な風景を自分で絵に描くことが趣味になりました。現在は絵画教室に通い、展示会に出展するほどのめり込んでいます。いつか「中村一成展」を開催できたらいいなぁ…。