ドコモの人々

技術系

情報システム部

松浦 雅人

2015年入社
情報エレクトロニクス学科 出身

かもしれない”でノーミス。

サービス企画開発

松浦 雅人

2015年入社

1日のスケジュール

ONのわたし

わたしの仕事

私が所属する情報システム部は、ドコモの基幹システムを裏で支える“屋台骨”のようなポジション。ここでdポイントの加盟店管理システムを担当しています。重要な仕事を任されているやりがいを感じつつ、万が一トラブルが発生したら、加盟店さまに多大なご迷惑がかかるので、ミスが許されない緊張感もありますね。

ドコモってどんな会社?

ひとことでいうと懐が深い。若手社員の提案でもお客さまにとってベストな方法であれば、過去のやり方にとらわれずチャレンジさせてもらえ、またチームのみんなが全力でサポートしてくれる会社です。

ドコモを志望した理由

大学時代、アプリケーション開発を通じてクリエイトする楽しさを知り、卒業したら世の中にインパクトを与えられる画期的なサービスを生み出したいと考えたからです。ドコモならその夢がかなえられそうな気がしました。

わたしの仕事術

システムはいろんな人が利用するため、不測の事態も少なくありません。それを防ぐには、あらゆる視点から「こういう使い方をされるかもしれない」と、“かもしれない”をひとつでも多く想定することが大事。この作業をとことんやるのが松浦流です(笑)。

10年後のわたし

会社を支える基幹システムはなくならないでしょうが、それを扱う方法は大きく進化するでしょうね。たとえばクラウドサービスの利用やスピーディーなサービス開発の仕組みが流行しているように、世界中で次々と新しいサービス開発の手法が生み出されていると思います。そんな中でお客さまにとって最適なことを考えると同時に、自分自身もワクワクできることを突き詰めているんじゃないでしょうか。

OFFのわたし

自分のアンテナがビビッと反応したモノを、すぐつくらないといられないタチ。電子工作に興味を持った時は、IoTデバイスを購入してきて外出先から家電を動かすリモコンを。アプリケーション開発にハマれば本格的なゲームをつくる、といった具合です。その基準は「おもしろい」かどうか。最近の代表作は、会社で行われたイベントの余興のためにつくった「クイズのWEBシステム」。200人が同時にスマホを使ってクイズに参加できるもので、これはめちゃめちゃ盛り上がりましたね。「これつくったの誰だ?」って社内でも話題になりました。