ダイバーシティ

一人ひとりのための働く制度

出産支援 特別休暇(出産) 産前6週間(多胎妊娠の場合14週)、産後8週間の特別休暇制度(有給)
妊娠中の通勤緩和措置 妊娠中の女性社員について、1日60分を限度とし、
勤務の始めまたは終わりに勤務を免除する制度(有給)
育児支援 育児休職 満3歳までの子どもの養育のために休職できる制度(無給)
育児のための短時間勤務 小学校3年生以下の子どもを有する社員が短時間勤務を行える制度
時間外勤務・深夜勤務の制限 小学校3年生までの子どもの養育のために時間外勤務等が制限される制度
育児により退職した社員の再採用 育児に専念するために退職した社員を、退職後一定期間以内に社員として再採用する制度
介護支援 介護休職 介護を必要とする家族を有する社員が休職できる制度(無給)
介護のための短時間勤務 介護を必要とする家族を有する社員が短時間勤務を行える制度
時間外勤務・深夜勤務の制限 家族の介護のために時間外勤務等が制限される制度
介護により退職した社員の再採用 介護に専念するために退職した社員を、退職後一定期間以内に社員として再採用する制度
勤務体系 在宅勤務 社員のワーク・ライフ・バランスの向上や主体性・創造性の発揮および生産性向上の観点から、一時的に勤務事業所以外を勤務場所とする制度
スライドワーク 育児・介護をしながら働く社員に対し、子どもの託児所等への送迎または家族の介護に従事する時間の確保を理由とした、個人単位での勤務時間シフト(始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ)を可能とする制度

私たちは、社員一人ひとりの多様性が活きる環境、
個人のパフォーマンスが最大化する仕組みづくりに努めています。

時代の先端をいくICT業界にあって、
一人ひとりがお互いを尊重し合い、
助けあいながら夢を実現させていくための働き方について、
これからも考えを深め、
常に新しい価値を提供し続けていきたいと考えています。

人事部ダイバーシティ推進室 室長本 昌子

働く人の視点から

育児休暇/ライフプラン休暇(育児)

子どもが生まれたとき、育児休職やライフプラン休暇を組み合わせ、2か月間会社を休みました。家庭の事情に合わせて、フレキシブルに休む期間を調整することができたため、とても助かりました。また、家事や育児を通して得られた課題感は仕事のアイデアにつながり、良い相乗効果が得られています。

職場でも、制度利用を取得することに対して前向きに受け止めてもらえ、自担当メンバーの協力はもちろん、会社全体としての支援もあり、制度を利用しやすい環境でした。

ライフサポートビジネス推進部

武田 直之

2005年入社

スライドワーク/特別休暇(出産)/育児休職/通勤緩和措置/短時間勤務/在宅勤務

妊娠中 ー 出産後 ー 復職後と、状況にあわせて制度を利用し、柔軟な働き方ができました。まわりにロールモデルとなるママ社員が多かったので、時短勤務での働き方、フルタイムにした際の仕事と子育ての両立のコツなどアドバイスをもらい、スムーズにまた自分らしく仕事と家庭の両立ができたと思います。

短時間勤務は自身の生産性を上げるという意識付けとなり、フルタイムに戻したときにも、その効果が出ていると実感。非常に有意義でした。

第一法人営業部

戸田 陽子

1997年入社