ドコモの仕事

世界がクルマであふれたら。

クルマと社会をつなげるスマートパーキング

クルマと道をつなげる
のもドコモの仕事。

日本では2025年以降、法整備とともに自動運転技術が実用化され、誰もがいつでも簡単に、かつ安心・安全にクルマを利用できる社会が実現されていくと考えられています。ハンドルを握らなくてもクルマが交通ルールに従って、あらゆる道を安全に走る。そのためにはクルマ自身が常に誤差なく道を認識し、クルマ同士がお互いを認識し合う必要があります。また歩行者や障害物の感知、道の混雑や天候による路面変化といった道路状況の把握も必要です。これらを実現するためには途切れなくつながり続ける通信技術と、クルマの運行をスムーズにするための無数の技術やアイデアが必要です。

ドコモでは、こうしたことの実現に向けて新しい通信技術のみならず「路車間協調」という、クルマと道を通信でつなげ、事故なく走らせる技術や、いまよりずっと簡単に駐車スペースが確保できる「スマートパーキング」といった技術を独自に開発しています。

忠犬のように
待つクルマ。

ドコモが取組んでいるスマートパーキングというシステム。従来のコインパーキングのように大掛かりな装置はなく、交通整理などで使われるパイロンの上部をばっさりと切り落としたような装置が駐車スペースにぽつんと置かれているだけ。この中にセンサと通信装置があり、ドライバーのスマートフォンから駐車スペースの確保、入出庫の確認、料金の支払いが一括管理できてしまうというものです。ドライバーとしては駐車場探しや精算に手間取ることも、クルマが傷つかないか心配する必要もなくなります。駐車スペースを提供する側としては、これまでデッドスペースとされていたような小さな土地も駐車場として活用でき、装置の設置やメンテナンスも格段に楽になるというメリットが。

また、将来クルマの自動運転が実現した際には、目的地で人を降ろし、無人になったクルマが自ら近くの駐車スペースを探し、勝手に移動して次に呼び出されるのを待っていたり、給油や洗車を済ませてくれていたりなんてこともできそうです。

クルマを、もっと、つなげる人びと。

イノベーション統括部/島村奨・狩野宏和・桒野可奈子

クルマも、私たちの生活に欠かせないインフラのひとつ。クルマのあり方が変われば、私たちの生活も、道路や駐車スペースといった街そのもののあり方も変わっていくはずです。世の中を変えるのは小さな変化の積み重ね。その変化をどれだけ素早く引き起こせるか?

フットワーク良く外に飛び出し、他のプレーヤーに負けないスピードでものごとを進めていくための人材がドコモには必要だと思います。未来のクルマ社会のために、自分たちがいま仕事をしていると考えると、ちょっとエキサイティングな毎日です。