ドコモの仕事

未来の「伝える」は、何をつなげるのだろう。

未来と今をつなげるドコモの5G

通信の進化に想いを。
5Gでつくる、新しい価値へ。

ドコモは、通信インフラが今のように発達する前から、「伝える」ということについて考えてきました。もっと速くできないか、もっと便利にできないか。そんな技術者の情熱が2G、3G、4Gと通信を進化させてきました。それは、ドコモの通信会社としての挑戦の系譜です。そして、『5G』の時代。5Gを実現するために必要な無線技術の開発を世界に先がけながら進めるとともに、今、社会に求められているサービスは何なのか。そのような想いで通信の活用を考えています。もっと街づくりに貢献したい、みんなの健康に役立てたい、スポーツをより面白くしたい。ドコモは、世の中をより豊かにするために、通信、サービスの両面から挑戦を行っています。

きのうまでなかった感動。
新しいビジネスがぞくぞくと。

通信インフラから世界をつなげるビジネスへ。ドコモの想いと技術力は、今、人々の暮らしに驚きと豊かさをもたらす新しい価値を、ぞくぞくと生み出そうとしています。より多くの価値を生み出すためには、さまざまな領域の企業と協力しあうことが重要です。『ドコモ5Gオープンパートナープログラム』では、1,900団体を超えるパートナー企業・団体とのアライアンスが生まれ、さまざまな分野に新しい変革の風を吹き込んでいます。日本各地で立ち上げている『ドコモ5Gオープンラボ』 は、ドコモの想いを現実のものとするための実証実験の場です。たとえば、エンタテインメントの分野では、スタジアムから離れた場所でも、まるでピッチに立っているかのような感覚で選手と同じ視点を楽しめる新しい観戦体験。医療の分野では、都市部の総合病院と山間部の診療所との間で、患部の質感までわかる高精細な4K画像やMRI画像などをリアルタイムで共有することで遠隔診療も可能に。これからもドコモは5Gを中心に、パートナーのみなさまと協力しあいながら、常に新たな価値を創出し続けます。

※2018年11月現在

関連リンク:NTTドコモ Beyond2020 5G

未来と今を、もっと、つなげる人々。

ソリューションサービス部/酒井泉美
5Gイノベーション推進室/奥山達樹
5G事業推進室/伊藤孔明

私たちは5Gの通信技術をつくるだけでなく、5Gを使った新しいサービスやビジネスをつくることで、社会や人々の暮らしをより豊かにしていきたいと思っています。全社的な取り組みとして社内の多くの部署が連携し5Gの導入に取り組み、さまざまなアセットを持つ企業との協創によって、5G時代に価値のあるビジネスをつくり出していきます。

無限の可能性をもつ通信インフラだからこそ、できることも幅広い。社会に新たな価値を生み出すために、もっともっと、多様なアイディアと情熱をぶつけ合う必要があると考えています。

※所属部署は取材当時のものです。